2017.02/14(Tue)

右側にありがとう。 

bg_sweety4.jpg


久しぶりのブログです。
最近はFBばかりで、こちらはすっかりご無沙汰でしたが みなさまいかがお過ごしですか。

わたしのブログ記事が好きで、何年もずっと読み続けている 
と仰せの方に時々お逢いしますから(感謝) これからもずっと続けていきたいと思います。

さて、本日はバレンタインデーでしたね。
チョコレートはプレゼントされるのはもちろん、するのもなかなか楽しいものですから
この習慣はずっと続いてもいいなあと思います。

じつはわたし、昨年独身に戻りまして 現在はひとりでのんびり暮らしています。
今まではダンナさんとのことを沢山ブログで書いてきたので
それもあってこちらと疎遠になったのかもと思います。

とても優しくていい人でした。親から教えてもらうはずの慈愛というものを
しんぼう強く時間をかけて教えてくれました。
わたしが色々なことを解って、一人になっても生きていけるタイミングを見計って
神様がわたしたちの間の何かをちょきん、とお切りになったような感じ。

だから今は 元ダンナさんには感謝の気持ちだけです。
ほんとにありがとう。


奥手で、あまりもてたことのないわたしですが
それでも結婚したり、その前にデートしたことはないではないです。

数少ない記憶(笑)をたどると、どの彼の顔も左がわが思い出されます。
ちびっこな私を左肩越しに見下ろして笑う顔、顔。
(数少ないから思い出せるんですよ(笑)

そう、彼らはいつもわたしの右側に立って歩いていたのです。
もちろん元ダンナさんもそうでした。

人間の心臓は身体の左側にあるので、本能的無意識的に左側をかばうくせがあるのだとか。

だから男性は大切に想う女性を自らの左側に置いて守ろうとする、
それは本当に無意識に行われ ご本人たちは全く気づいてないらしいですが
とても美しいすてきな話だと思いませんか。

本当に久しぶりに、バレンタインデーの夜を一人で過ごして
右側に誰もいない一人歩きでおうちまで帰ってきて、

色々あったとしても、わたしは誰かに守られて大切にされてきたのだなあ と
いま しみじみ感じています。

今日この日が愛情を確認する日であったとしたら
わたしはまさにそれをなす事ができたということで

それはとても楽しく美しいことで、これからの人生をよりいい感じにいきていく
糧がちょこっとできたような気がします。

ほんと、ありがとう。
そしてお元気で。さようなら。

神様にお礼を言う前に、まずは地上の縁ある(あった)人達へ。

スポンサーサイト

タグ : インド舞踊家マユリ・ユキコの日記

【編集】 |  23:55 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |