--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.01/23(Mon)

「神聖ってなんだ」 

最近、バラタナティヤムが観たくて観たくて…
インターネットで動画を検索して、いろいろ視てみました。

習い始めたころは、全てのダンサーが尊敬できたのに
自分がたくさんのことを学んで
素晴らしいと言われるダンサーもそうでないダンサーも…色々なダンサーを視たせいで
必ずしも楽しい気分になれるというわけではなくなりました。

「神聖」という言葉があります。
その「神聖さ」を表わそうとしてダンサーたちは舞台上でさまざまな工夫をするようですが
そういった「工夫」がなんとも生臭く俗っぽい雰囲気を醸し、なんといってよいか解らなくなります。

最近ではその生臭さも愛おしくなり、努力ゆえそれを生みだしてしまう「人間のかわいらしさ」も理解できそうな気持になってきました。
それでも、色々な感覚を細かく分析して取り入れる癖がついた今では「理解」という言葉さえ実は自分は十分に解っていないということに気づき、うかつに使えなくなってきました。

まったく、年をとればとるほど解らないことばかりになってきます。

そんなことを考えながらも、やはり自分自身も「神聖」を理解してみたい表現してみたいと思い
色々考えたり工夫してみようとしますが、どうしてよいのか解りません。

そもそも「なんとかしよう」とか「工夫」とかいう視点がすでに人間くさく生臭い。
その時点で神聖云々からずず~~っと距離がある気がします。

以前、イタリアのローマとフィレンツェを旅した時 毎日毎日美術館や宗教施設で
宗教画を観ていてさまざまなことを感じました。

壁画や額の中から「実はこうだったんだよ、きいてきいて」と作者の声がするようで
頭の中にいっぺんにたくさんの情報が入ってきたのと、私として心で感じることがあったもので
一言で表現することはここでは難しいのですが

「神聖」って解らない

ということだけはわかりました。

「神聖」という一つの言葉にその生を賭した者、なんとか近づこうとしたものの政治に阻まれた者
求めたくとも生きていくために自分の意志だけでは動けず諦めた者

数多くの芸術家たちが類まれなる感性をもって挑み求め、それでも解らずに亡くなったこと。

なにかをお手本にして「神聖」を学ぶのはどうやら無理そうだということ。

私のイケてない感性とボンクラ頭でなんとかこなれたのはそれだけです。




では


と思います。

それなら、この手を神にゆだねてみよう。

心から血を流しうずくまる人たちの味方として生きてみよう
損得関係なく善なるものの側に立とう
弱者を無理やり作りだし強者ぶるやつらの邪魔をしてみよう
悪をなした「誤った人たち」が悪を続ける「悪人」に変わるのを止めてみよう

そんなふうに「神の御心に沿うと思われること」をどんどんやってみよう。
また、神がいつ道具として使ってもよいと思われるよう自分を磨こう。


そうやって生きていれば「ああ、これが神聖だ」と納得できる日がくるかもしれない

それまでは「神聖ってなんだ」と問い続け…ないだろうなあ…あまり考えないように生きるのがいい

そんなことを考えていました。


・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚゚・



インド舞踊出張公演、ワークショップのご依頼承ります! 
  →お申し込み・お問い合わせはこちら

★HP「インド舞踊は光の舞~チャンドリカ~」
 http://www.geocities.jp/apsarayuki6/


★ケータイHP「インド舞踊は光の舞・サナトクマラ」 
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/myind/

インド舞踊出演情報
 http://myinfo.blog46.fc2.com/

インド舞踊サナトクマラSanat Kumara Fine Art
 http://www.geocities.jp/apsarayuki6/buyou_class.html

 ☆大阪教室・レッスン日程はこちら 
 ☆神戸教室・レッスン日程はこちら
 ☆京都クラス・レッスン日程はこちら

※過去の日記はこちら

※09年6月までのインド舞踊出演情報
 http://plaza.rakuten.co.jp/apsarayuki6/

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
インド ダンス 動画
スポンサーサイト

タグ : インド舞踊大阪・神戸・京都 インド舞踊教室 インド舞踊 インドムービーダンス ボリウッドダンス BollywoodDance インド舞踊家マユリ・ユキコの日記 バラタナティヤム

【編集】 |  13:18 |  インド舞踊・インド舞踊教室  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。