2012.03/11(Sun)

3月11日を忘れない、という心に。 

今日は一日中きもちが重く、なんと表現してよいか解らない感覚で過ごしました。

東日本大震災が起こってから一年経ちました。
被災された方々の大変さを思うと胸が張り裂けそうになり、申し上げる言葉もありません。
募金など微力ながらさせて頂いていますが、今後もお力添えできる機会があれば
ご協力させて下さい。

1年前のあの日はちょうど、バラタナティヤムのレッスンの日でした。
テレビでニュース映像を流していましたが、とても恐ろしく直視できませんでした。
あれから何度も被災地の映像をメディアで流していますが、強く重いものに押しつぶされる感覚が
せまってきて恐ろしく、まだ一度も視ることができていません。

あの日、私は…私たちは死ぬと思いました。日本という国が自然災害以外の恐ろしいパワーにより
この地球からなくなってしまうと思いました。
「神様、苦しみ少なくおそばにお呼び下さいね」そうつぶやいて眠りに着いた夜が何度あったことか。

人間、死の前には過去の色々な出来ごとを思い出すと言いますが
私の場合は子どものころからいっぱい我慢してきたこと、
女性であるという理由で男性たちからたくさんの暴力を受けてきたこと
それらにより魂が引き裂かれ、ボロボロになっていたことに気づきました。

今現在も、時折恐ろしい記憶が甦り、その度に夜通し泣いたり発熱して寝込んだりして
戦っています。

そして、あの日から 自然災害以外のなにものかにゆっくりと嬲られ削られていくような感覚を感じながら生きています。

この国が好きだった。この国に生まれたのが誇りだった。
そんな思いを向けたなにものかにゆっくりと命を奪われていくと感じるのは、悲しいですね。

一年たってもあの日の出来事は終わっておらず、まだ続いていると感じています。
あの日から、私たちの国である新しい形の何かがはじまったのです。

さらりと整ったようにみえたものが実はそうではなく、薄い皮を剥げば剥ぐほどに
悪臭ただよう汚物が次々に姿をあらわして恐ろしい様子を晒していくのを
恐怖を感じながら見ています。

権力というものに「本気で」絶望しはじめた私はただ呆然とするばかりです。


まだおわっていません。
3月11日を忘れない、と言える日がくるのかしら…と思えば涙がこぼれます。

スポンサーサイト
【編集】 |  23:42 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |