2007.07/31(Tue)

インドの神様…サナトクマラ=ムルガン、そして 

2ヶ月ほど前から振付けている曲目、今日から一番おいしいとこにはいります。

テーマは「ムルガン神」南インドの土着の神ですがが、この神はヒンドゥ教に吸収され「カルティケイヤ(6つの乳房→6人の乳母に育てられたため)」とも呼ばれます。
グハ→美しい顔 クマール→ハンサムな男性 スカンダ→男性のエッセンス…色々呼び方はありますが
「サナトクマラ」は『永遠に純粋な若さ(若者)』という意味で私はこれが一番すきです。

カルティケイヤ


ニューエイジ系では金髪のおじさまが「サナトクマラ」として描かれていますが、ヒンドゥではこのぼっちゃまのことです(画像)。 

マユリはインドに行き始めた当初からこの神様が大好き。
おねがいごとに行くとちゃんとゴリヤクあるし、好き。

手に持った戟(げき)は光を放ち、私たちのネガティブなエナジーを吹き飛ばしてくれる。
眷属の孔雀は知恵と精神性の象徴で、足元に踏む蛇は人間の業(ごう)…何度も何度も同じ過ちを繰り返しながら成長していく様子を表す。
つまり、業を解消しながら成長していくとき その成長のありようを決めるのはその人の精神性であるということ。
また、蛇は人間のエナジーの途チャクラを表すため、彼はヨガの神様としても知られている。

私たちの魂の成長を助けてくれる神様です。

ジャラタランガのちろりろりん♪音に併せて詩をつくりました

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

悲しみにとらわれている時、光のように速くやってきて下さい

そして、私のもやもやしたモノを吹き飛ばしてください(ありがとう)

孔雀に乗ってやってきて、戟から光を放ち闇を切り裂く

(あなたは)小さな男の子なのに勇敢な戦士です。

孔雀に乗るあなたはなんて美しいのでしょう。

私たちの魂をより高みへ導いてくださってありがとう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

先週まで激しいステップの連続でしたが
本日のお稽古はちょっと違ったものになりそうです。たのしいよ。

みなさん、がんばろうね☆

過去の日記はこちら

マユリ・ユキコのHP「インド舞踊は光の舞~チャンドリカ~」 
http://www.geocities.jp/apsarayuki6/




インド舞踊教室SanatKumara
毎週火曜日 月4回
19時15分~:古典舞踊リラクゼーションクラス
20時15分~:ムービーダンスクラス
インド舞踊 SanatKumara詳細
http://www.geocities.jp/apsarayuki6/buyou_class.html
インド舞踊 教室情報
http://sanatkumara.ko-co.jp/
↓インド舞踊教室のお申し込みはこちら。体験・見学随時OKです
アカデミア・デ・タリスマン(神戸・北野町)http://www.icafetrade.com/academiatop.html


インド舞踊出張公演、ワークショップのご依頼承ります!
メールにてお申し込みください mayuriyuki@yahoo.co.jp


スポンサーサイト
【編集】 |  11:25 |  インド舞踊・インド舞踊教室  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |