--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.08/29(Fri)

あたらしい感覚。 

ダンス講師になって人に背中を向けてレッスンしてると、どんどん感覚が細やかになってきました。

タオルに水が染み込むように背中に他人の感情が染み込んでくる気がすることがあるんです。
たまに、「今感じているコレはどこかで拾ってきた他人の感情だなあ」ていうこともあって
まるで、ひとつ新しく感覚器官ができたような感じです。

たとえば、レッスン時「今から腹筋みっちりやる」とか言うと背中がビリビリっとして“ノー”を感じます(笑)

いくつになっても身体が変化がするって面白有り難いですね。

よくあるのが
「一週間ぶりに☆☆さんって呼ばれた♪」って喜んでいる女性が結構多いこと。
もしかして「おい、メシ」「おい、靴下」とか言われて、ろくに名前も呼ばれてないのでしょうか(ToT)

名前、というのは人がそこにいる値打ちをあらわす一番最初のものではないか、と思えば
なかなか名前を呼んでもらえない生活とは、なんだかこわいような気がします。

不思議なことに、それに気づいたときには悲しくも無いのに涙が出てとまらず、困ってしまいます。

また、
夫に(たとえば)「誰に食わせてもろてんねん」
と言われながら生きてる女性はみな背中がパンパンに膨れ上がり、変色しています。

背中は怒りを蓄える部位です。怒りを“後ろに隠す”んでしょう。


インド舞踊舞台マユリ・ユキコ 20140721ガールズインドパーティ2


毎日のようにインド舞踊を通じていろいろな経験をし
それらの積み重ねが、女性の幸せのために働きたいと思うワタシを創り出してくれたように思います。

ネガティブな感情やエナジーを拾ってしまう人を批判する声もあるけど
そこにある悲しみを見てみぬ振りして笑うより、正面に回って抱きとめてそして…という生き方のほうが
美しく光のあたる価値あるものと思うのです。



私、強くなりたいです。
今は人の苦しみや悲しみが感じられるだけだけど、そこから変えていける人になりたいです!

自らのもつ「ダンス」という道具をぞんぶんに使って、愛とか光とかこの世の維持とか
それらに少しでも役立つようはたらくのが私のしてみたい生き方です。

…きれいごと過ぎますか?
きれいごとは毎日行えば普通のことになります。それもしてみたい生き方です。



・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚゚・*:..。☆*゚¨゚゚・


★インド舞踊出張公演、ワークショップのご依頼承ります! 
  →お申し込み・お問い合わせはこちら

★HP「インド舞踊は光の舞~チャンドリカ~」
 http://www.geocities.jp/apsarayuki6/


★ケータイHP「インド舞踊は光の舞・サナトクマラ」 
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/myind/

★インド舞踊出演情報
 http://myinfo.blog46.fc2.com/

★インド舞踊サナトクマラSanat Kumara Fine Art
 http://www.geocities.jp/apsarayuki6/buyou_class.html

 ☆大阪教室・レッスン日程はこちら 
 ☆神戸教室・レッスン日程はこちら
 ☆京都クラス・レッスン日程はこちら

※過去の日記はこちら

※09年6月までのインド舞踊出演情報
 http://plaza.rakuten.co.jp/apsarayuki6/

衣装・レッスン着の購入はこちら→http://www.suryakala.com/
 (インド雑貨SURYA KALA スーリヤ・カラさん)

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
インド ダンス 動画

スポンサーサイト

テーマ : インド舞踊 - ジャンル : 日記

タグ : インド舞踊家マユリ・ユキコの日記 インド舞踊大阪・神戸・京都 インド舞踊教室

【編集】 |  13:13 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。