FC2ブログ
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2017.12/26(Tue)

真っ直ぐに立つ。 

真っ直ぐ立っていたい
舞台の上では
  

 
「ぞうきんを持つのはおんなだ!
床をふくのはおんな!
おんなははいつくばれ!」
お掃除の時間あれは小学生のとき
便所スリッパと靴下の模様、
教師の足をみつめて床を拭いた。
  
町を歩けばあちこちから手が伸び
スカートの中、胸元に容赦なく差し込まれた
背を丸め身体を隠しあるく子ども。
ああ、アスファルトはパッチワークなんや
その美しさに気を取られていると
すれ違ったはずの男が臀部をつかんだ
  
ああ、あたしはいつか殺される
知らないお兄ちゃんやおっちゃんが
ある日わたしを。
ある日わたしは自分を護りきれず
ゴミ屑みたいに殺されるんやな
  
将来の夢はない
明日殺されるかもしれない
 生きてもはいつくばらされる
  
でもお稽古場と舞台の上はちがう
真っ直ぐに立って伸びて笑って
平和で
愛があって
暴力はない
  
唯一、生きた感じのする場所だった
 
舞台の上では立っていよう
首を伸ばして遠くを見よう
 
わたしはそして奪われたわたしを取り返そう。
愛の力でねじって歪めた身体を
真っ直ぐに整えて。
 
生きている間に気づけて良かった
感謝。
  
     
お写真は
舞踊家・飯干未奈さん主催の舞台にて
井上大志さん撮影
スポンサーサイト
【編集】 |  08:54 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。