--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.10/11(Mon)

「オディッシー」素晴らしいダンスでした!! 

昨日は東インド舞踊家の仲 香織先生とその師匠グルガジェンドラ・クマール・パンダ氏のオディッシー講演を観賞してきました。

もう!なんといってよいやら!

素晴らしい舞台でした!!!!

門外漢の私がステップやらアビナヤやらについて色々申すのは御控えして当然ですが
あの感動はひとことで言い表せません。




舞台の上には「春」がありました。



足輪を鳴らし走り回る韋駄天や 笛を吹く天女 うれしくて笑いながら空転をつづける童子が
天界のさまざまな存在が降りてきて 舞台上を駆け巡っているようで

それらのエナジーがうねるように吹き荒れる中

ただ ダンサーがくるりくるりと回転するのを視ました。

身体とか心とか、そういったことを超えた何かが動くのを

ただ 天地のエナジーがつながり増幅し 会場狭しとうねりはじけるのを感じました。

…これが「ダンス」なのだ…
身体と心を動かしているのは確かだが 実はそうではなく
エナジー・あるいは人外の何かを動かすのを「ダンス」というのだ…と

あらためて感じました。


ひとは幸せになるためにこの世に産み落とされるのだ と ふと思い
胸が熱くなりました。


終演後の舞台あいさつで師匠先生が観客席に向かって
「どうか、香織をサポートしてやって下さい。よろしくお願いします」
と深々と頭を下げ仰せになった時には その弟子への愛情の深さが強くせまってきて
胸がきゅーっとなり、涙がこぼれてしまいました。


まだ感動で胸がどきどきしています。

仲香織先生、素晴らしいダンサーです
すてきなHPはこちら→http://debadhara.com/

 
スポンサーサイト
【編集】 |  12:55 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。