2011.03/08(Tue)

今日は国際女性デー 

今日は国際女性デーですね。

朝起きて 少し でもちゃんと お祈りしました。

この世に人間として生まれてしまったばかりに 女性に生まれてしまったばっかりに
想像を絶する苦しみをおしつけられ、
なんとか生き残りその後の地獄をのりこえたり
命を奪われてしまった 天国の先達たちに

宇宙の恩恵と無限の光が与えられますように… と







かつて私はECPATというNGOの活動にボランティアとして参加していました。

20代半ばから30歳になるまで、世の中の色々なことを学び、動いた日々は
私に「女性の現実」を気づかせるきっかけをつくってくれました。

その当時、「国際女性デー」は
「紛争や犯罪で暴力被害にあったり、命を奪われた女性たちに心寄せる日」と言われていました。


女性が女性であるゆえに暴力を振るわれている…今日いまこの瞬間にも…

ということに気づいたのもこの頃でした。


引き起こしているのが女性ではないにもかかわらず「女性の問題」と言われている
さまざまなことに向き合い関わるのは 当時若かった私にはとてもしんどいことでしたが

あのころの経験が 私の魂の根幹を創ってくれました。

世の中の色々なことはなんとかなるものだけど、人間だけはかけがえのないものだ
人の心と魂だけはどうにも、なんとにもできないものだ
だから 大切にたいせつにしなくては

そう思うようになったのは あれらの日々があったからです。


今朝の祈りにはそのことの感謝もこめました。

天国のお姉さまたち 辛かったでしょう… だけど 私という人間を育てて下さいました。
ありがとうございます…

娘の世代、孫娘の世代が人間として最高の幸せを得られるように 何かをしようと
常に意識しながら 一市民として生きて行きます。


スポンサーサイト

タグ : あるインド舞踊家の日記

【編集】 |  09:18 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |