2011.05/16(Mon)

舞台のあと あたらしいわたし。「しかし性根はかわらない」 

安定…は好きですが、のんびりするのが好きですが

やっぱり動いているのが好きです。


好かれようと嫌われようと、動いて飛び出ていることに一番の満足を感じます。

今朝読んだ新聞は「過去」 今タイプしたこの字も「過去」

おもえば、世の中っていっぱいいっぱいの「過去」でできているんだよなあ
でも、ずっと新しいわたしでいたいなあ…

最近 誉めていただいたり喜んでいただく方法も分かってきて
安定したものを用意することに慣れてきました。

そしたら、なんだか慣れたものをご提供することが申し訳なくなってきて
ちょっと変わったことを緊張感を持ちながら…やりたくなってきました。

クリシュナ


…子どもの頃からずっとそう。

「ゆきこちゃんは女の子のくせに出過ぎる」とよく母親には叱られ

「鶏口となれど牛尾となるなかれ…と思っといたらええねん」と父にはさとされ


その頃から性根は変わりません。

クリシュナ


色んな人によろこんでもらいたいなあ……という気持ちがあれば 
何をやっても美しいものが生まれるはず。


では何をしてみようかな…

スポンサーサイト

タグ : インド舞踊大阪・神戸・京都 あるインド舞踊家の日記

【編集】 |  14:56 |  インド舞踊家マユリ・ユキコの日記☆  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |